見た目が大きく変化した世界のセレブたち!

294

押切もえ、40歳 – イメージチェンジ

押切もえは、日本の女性ファッションモデル、タレントで小説家でもあります。高校一年生の時から雑誌「Popteen」の読者モデルとして誌面に登場。その後は「egg」のモデルや、「東京ストリートニュース」のモデルになり、着実にファンを増やしていきました。当時はいわゆるギャル路線で、コギャルのトップ、スーパー高校生と称賛され、カリスマ的存在でした。2001年からは「CanCam」の専属モデルとなり、蛯原友里や山田優とともに同誌のトップ3人気モデルとしてブレイク。2013年には長編小説「浅き夢見し」で小説家デビュー、2015年には鳥取県あいサポート大使になるなど活躍。2016年にはプロ野球選手の涌井秀章と結婚し、モデルを卒業しました。当時はギャルで鳴らした彼女も、自身の小説の発表会ではそのファッションセンスを発揮せずに、本を売るためにイメージアップせざるを得なかったのでしょうか。ただ、その顔には時の流れの残酷さが表れていることは否めないでしょう。